以前、こちらのブログでも紹介していただきましたが、当店では縮毛矯正にも積極的に力を入れています。まっすぐな髪の毛の人にとって、縮毛矯正はああまり縁がないものですが、くせ毛は人によっては大きな悩みのタネになっているものです。

 

そのような方々の悩み解決に少しでも力になれればと思い、当店では縮毛矯正には従来から力を入れていました。そんな一部の人にとっては欠かせない縮毛矯正は、通常のカットやカラーと比べるとどうしても高い技術力や専用の薬剤などを利用する必要がなります。

当店では、まず最初にお客様の悩みをしっかりヒアリングさせていただくことからスタートし、どのような点で悩んでいるのか、どのような方向性で改善したいと考えているのかをしっかりとお伺いさせていただきます。最終的には、好みのヘアスタイルを楽しんでいただけことが目的ですので、単純に縮毛を矯正するだけではなく、縮毛矯正後のヘアケアにも積極的に取り組んでいます。

 

なお、縮毛矯正はストレートパーマよりと比較してどうしても料金が高くなってしまいがちです。ただし、ストレートパーマとは施術する中身が違いますので、その効果が長持ちする点が特徴です。加えて、縮毛矯正はどうしても髪の毛にダメージが残ってしまうことが課題です。

当店ではヘアトリートメントとして全国的にも評価の高いアルマダスタイル社の「悪魔の水」を活用して、できるだけ髪の毛にダメージを残さないプランもご用意していますのでお気軽にご相談ください。

<解説:縮毛矯正とストレートパーマ>

「ストレートパーマ」と「縮毛矯正」はよく一緒にされがちなのですが、その方法や効果には大きな違いがあります。まず、使用する薬剤です。

「ストレートパーマ」は通常のパーマ液を使用することが多いのですが、「縮毛矯正」は、専用の強力な薬剤が利用されます。また、薬剤以外にも施術の方法にも大きな違いがあります。

「ストレートパーマ」は”くし”で伸ばすのが基本ですが、「縮毛矯正」はアイロンなど用いて加熱します。それが、「ストレートパーマ」と比べると「縮毛矯正」は、髪の毛にダメージが大きいと言われる理由です。もちろん、その反面、効果が長持ちするという特徴もあります。

一般的には一度かけたパーマをストレートに戻したい場合に「ストレートパーマ」がよく利用されます。縮毛矯正はくせ毛を矯正するものとして利用されることが多く、地毛がくせ毛の方が利用するケースが多いと言われています。

このように縮毛矯正はストレートパーマと比べると使用する薬剤や施術する内容が異なりますので、どうしても料金も高くなってしまいますし、時間かかってしまうわけですね。